Armchair Theorist


曖昧な心積もりでなんとなくはじめる感想・独り言。

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[羊・独り言]For good

2011年、震災があったあと、災害で皆に会えなくなるってこともあるんだなと思いました。あんな人こんな人と会えなくなる日が、いつか必ず来る。できればもう少し待ってほしいと。
早いものであれから丁度3年が経ちました。

真嶋さんは最初入られてから中々縁がなかったのを覚えています。初回は多分、お努め開始から1年近く経ってたでしょうか。
それまでどういう人か知らなかったのですが、すましたキャラなのかな?という予想を裏切り、冗談が通じる話しやすい人で、とても驚いた思い出( ´ー`)
「自分(真嶋さん)ぽいカップ」というお題を使ったところ、「ほう、始めてです!」「考えますね…」と仰ったのち、グレンミストを持ってきて下さいました。
グレンミストのように目立たなくさり気なく、お嬢様を影で支える存在でありたいとおっしゃってました。

お題をキチンと飲み込んで、腑に落ちる答えを持ってきてくれた、単純にその正直さが好ましくて、真嶋さんは私にとって信用できる人になりました。
その後の給仕スタイルから見ても、「悪目立ちしたくない」という気持ちもそのまま見事に表したカップだったwと思っています。

勿論お仕事ですから、真嶋さんにも言わないことや建前や方便がたくさんあったでしょうが、「基本的には嘘はつかない」という根拠のない妙な信頼感がありました。
三枚目でフレンドリーに振る舞いつつ、目立たずこっそり居たいという感じで、一種の距離を置かれてる感があったものの、その距離に関係なく、私にとって真嶋さんは、身近で正直者でエモーショナルで、信用のできる使用人さんで有り続けました。

5年の間、信用して顔を合わせ続けた人の存在がなくなるというのは、やはり不思議な気持ちです。
実際の関係は「顔見知り」としか言えないのですが、感覚的にはもっと、同じ性質を持った「身内」と感じていました。
近年は読んでる漫画の趣味が重なる部分が発覚し、同じ本で同じように泣くことができる身近な人として、よりシンパシーを感じる存在でした。 (相変わらず距離は取り合ってましたがw)

担当は12回、紅茶係で32回お世話になりました。
何故か担当になると自分を下げようとしてましたがwどちらかというと担当じゃない時、本当に助けてほしいときに、助けられた気がします。
その公平さに、私のような人間は救われました。
具体的に「真嶋さんがいてくれて助かった」と思ったシーンが何度もあります。
紅茶もおいしかった。真嶋さんのキームン好きでした。

5年間、いてくれてありがとう。真嶋さんのような人がいてくれたから今の自分があります。
寂しいですが真嶋さんの旅立ちを心から祝福します。どうぞ健康で。幸せに。
今こそ別れめ。いざサラバ。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://armchairplan.blog82.fc2.com/tb.php/1455-502bac19

プロフィール

イトウ

Author:イトウ
中途半端にヲタ体質の人間。食い意地張ってます。
ヒクほど涙もろいです。
可愛げのある男子&女子が大好物。
割かしなんでもあるがまま受け入れます。悪気Nothing。
人見知り改善に日々四苦八苦。
ブログ用途迷走中。
お屋敷への帰宅覚え書き中心か?

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

■作業用(兼妨害用)■









★神演技★











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。