FC2ブログ

Armchair Theorist


曖昧な心積もりでなんとなくはじめる感想・独り言。

2008/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【独り言】無かったことに

先日お屋敷の仮予約を捕まえた際、お屋敷からのメールに返信という形で、連れに予約内容を転送しようとしたのです。
勿論宛先は、後で友人に変えるつもりで。

非常にふざけた文章で『捕まえたけど行くか?』という内容の文章も添えて送ったのですが、待っても返事が来やしない(`д´)

リミットが近づいたので改めてメールで『緊急、返事よこせ』というメールを打つと、折り返し『なんの?(・д・)?』という返信が。

その時気付いたのです。
そういやメールの宛先を変更した記憶がないと(つω-`)

勿論無かったこととして脳内処理しました。
(‐∀‐)キニシナイキニシナイ
スポンサーサイト

【羊】カボチャはもう

ハロウィン帰宅。
トリック・オア~は勿論、ハロウィン・パーティーも未食のノコたんのために土日連続帰宅。

土曜日
司馬さん(4回目)
小山内さん(初)
NIKKO アイリス

日曜日
嘉島さん(5回目)
環さん(2回目)
ブルーバタフライ/
バーガンディフルーテッド

お初の小山内さん。
これまた名前の印象とは異なる方が出てきた!!(・д・)

小柄で、クルクル素早く動き回られる方(´∀`)
動きは早いけど、喋り方のスピードは普通で、個人的には聞き取りやすい声でらっしゃる。
根が人見知りなのかな?その人見知りの気配と、歩み寄りのバランスがなんだか動物的で可愛い人でした
(・ω・*)

ワタスはハロウィンパーティーは既にいただいたので、土曜日にトリック・オア・トリートを(・∀・)

見た目がスッゴク可愛かった
でもお味はなんつーか(・ω・)

あ、ゴマアイスは美味でした。でもその後南瓜をずっと食べてたせいで、ゴマの印象が残らない。

器も食べられると言われ、ご飯が残せないワタスはついつい完食してしまったんですが、旨味が乏しい南瓜で、半分位で飽きちゃいました(つω=)
しばらく南瓜は結構です…

翌日はブラック・ベリーのコンフィチュールを惜しんでアフタヌーンティーセット。

フットマンは2回目環さん。
彼は肌がキレイ…な気がする(´∀`)それほどジロジロ見たわけではないので印象ですが。
多分お若いのかな?
以前お世話になったときに比べ、だいぶお嬢様の扱いに慣れられたって感じがしました。
まー、その"慣れ"を発揮していただくにはいたらなかったかもですが。
慣れない人に話題をひねり出すことが下手くそな人間ですので(・ω・`)

この日は嘉島さんの天然ボケが色々面白すぎてww

特典のピンバッチを持ってらした時、忙しそうに汗だくでいらして、
『わたくしどもがしてるものと同じものでございます(゜∀゜;)』
とかなんとか言いながら左胸を見せるようになされたのですが、カーテンが完全に被ってて、カーテンを肩で押し上げただけに終わり、バッチはまったく見えてなかったりw

他にも色々ありすぎて、出発してから、しばらく思い出し爆笑しちゃいました(・ω・)

:あと九十九さんのお名前も聞けました。
これまた想像と違う!!(・д・)
比較的小柄でらっしゃり、接したのは少しでしたが、物慣れたよいフットマンという感じの方でした(´∀`)

:ちなみに"九十九さん"で想像してたのは、長身でロン毛で理数系な爬虫類系の人。
"小山内さん"で想像してたのは平成の知念ちゃんからもう少し"おっとり"顔を薄くして、メガネをかけた感じの人。
・・・いずれもあくまで、名前の響きだけをソースとした根拠のない想像です。

【映画】ライラ・ジャンパー 他

これでレンタルは一回切れました。が、また半額が始まったのよね(・ω・`)気になる映画もあるし(・ω・`)
以下感想

===フェラデルフィア物語===
これまた古いラブコメ。
ケリー・グラントをはじめ、ビカビカした男前が揃ってます。
しかし男前男性陣より、ヒロインのキャサリン・ヘプバーンが好きだった(´∀`)
なんつってもしゃべり方が(´∀`)
身分のある女性の役なので、嫌味なくらいの発音なのです。
こうやって古いラブコメを見てると、近年のラブコメってみんな昔の焼き直しなのだというのがよくわかります。
べつに悪いことではありませんが。そんなわけで現代に通じる愉快なラブコメでした。
ただ最後のオチはどうでしょう(・ω・`)ちょいとハテナマークが浮かびました。

===薔薇の名前===
ノコたんの贔屓の作家さんが「ダヴィンチ・コードの×倍面白いと言ってた」と聞いて、気になって借りました。
映画ダヴィンチ・コードはワタクシにとってもいまいちだった作品。もっと面白くできる題材であるはずなのに。
結果として、確かにダヴィンチ・コードよりは映画になっています。その意味では件の作家さんの言葉に嘘はありませんでした。
セットや衣装など、大げさすぎず真実味を感じさせるつくりになっています。キャスティングも同じトーンでよい感じです。

やけに男前であまりにもお馴染み感あるショーン・コネリー以外は。

ショーン・コネリーはしょうがないんだけどね。お客を呼ぶためにはスターがいないと(・ω・`)
でも悪い意味ではなく、本当は違う人をキャスティングしたかったんじゃないかなぁ。
良い意味でも悪い意味でもショーン・コネリーなんだよね。スターすぎてさ。
面白かったんですが、個人的には深く印象に残る作品ではないかも(・ω・`)
あ、まだ若いクリスチャン・スレーターがびっくりするほど可愛いです。

===ライラの冒険-黄金の羅針盤-===
思ってたより面白かった(・ω・`)
でもやっぱり、「あ、ここで盛り上がってほしいのね」という感じはする。
なんだろう、近年のファンタジー大作のこの戦争(戦闘)シーン好きは(‐ω‐)
ロード・オブ・ザ・リングの影響もあるんでしょうか…?
そしてすごく「次へ続く!」というところで終わるのね(・ω・`)
最後にダニエル・クレイグが見たかったのに。

===ジャンパー===
思ってたよりつまらなかった(・ω・`)
いや、ライラと同じくそこそこ面白かったんですが。期待値の問題で。
トータルとしてはライラ>ジャンパーだったような。もう一回は見ないな(‐ω‐)
主役は若き日のベイダー卿を演じたヘイデン・クリステンセンですが、ちょっと役のイメージと違ったような。
美形すぎ?もっと、いい加減でも愛される憎めなさ要素のある子がよかったのでは。てか要はワタスが彼が好きになれないんですけど。
グリフィンがかわいかった(・∀・)
どっかで見た顔だと思って検索したら、「リトル・ダンサー」の子だった。すげービックリ(・д・)
こんな風に育ったか(・д・)

【映画】或る夜の出来事/ショーほど素敵な~

以下感想。

===或る夜の出来事 ===
父より年上の映画ですが、大変楽しいラブコメ。ラブコメの元祖と言われているそうな。
富豪の娘がプレイボーイとの結婚を反対され、父親の元から逃げて恋人の元に向かう。その途中新聞記者と出会い、そのうち彼との恋が芽生えるというストーリー。
ローマの休日を若干思い出す設定ですが、こちらのほうが古い作品。
そして個人的にはこちらのほうが好きです。
セリフも展開も面白いし、飽きません。
若干偏屈で理屈屋っぽい記者の男性が、どんどんかっこよく見えてくる。
てかワッシが偏屈ズキなだけですが(・ω・`)

===ショーほど素敵な商売はない ===
Jヲタにはついつい錦さんの歌声で変換されてしまうフレーズですが。
「あっ、ジャニさんはこれがやりたかったのね」というおなじみの曲が見れる作品。
こないだ見た「雨に唄えば」のコズモ役をしていたドナルド・オコナーさんが出てます。
やっぱりかわいい(・∀・)
芸人一家ドナヒュー家を描いたショー・ミュージカル映画なのですが、DVDのパッケージはマリリン・モンロー一色(・ω・`)
実はマリリン出演の映画を見るのはこれが初めて。見る前と見た後でまったく印象の変わらない人でした。
てかこれ、マリリンである必要あるか?(・ω・`)
あくまでドナヒューさん達中心であるべきストーリーであるはずと思うんですが、マリリンの圧倒的なオーラは抑えられておらず、役柄的には邪魔といえるほど。
まー彼女が悪いわけではないだろうけど。

このドナヒュー家は、売れっ子エンターティナーである両親が、ショーをしながら三人の子供を育てたんですが、とってもすばらしいエンターテイメント一家なのです。
お父さんはダンサーらしくシュッとして素敵で、お母さんは芸達者。二人とも気取ってなくて適度に俗的。
思慮深くてよいシンガーである長兄、美人でキュートでチャーミング、よいダンサーである姉、そして一家の中心となりうるリーダーシップと憎めなさを持つ、これまたキュートで芸達者な末っ子(ドナルド)。
全員歌も踊りもすばらしいんです。
特におねえちゃんと末っ子がスキだった(´∀`)
身長にあまり差がなくて、揃って踊るシーンが最高にかわいかった。
お姉ちゃんはとっても楽しそうに踊る。繰り返しますがすっごくすっごくかわいい。

マリリンのせいで(というかキャスティングのせいで?)若干楽しみきれないところはありますが、そこをショートカットして観れば(…)すばらしい見所に溢れてます。

【羊】南瓜南瓜南瓜~

こんにちは。今日は池袋行くのに山手線乗ろうとして、京浜東北線に乗っかってしまいました。
王子とか久しぶりに聞いた。
しょうがないから赤羽で埼京線に乗り換えました(´ー`#)

そんなスタートでしたが、今日は色々充実した帰宅でして
(´∀`)
予め予定してた一人帰宅。

…ん?予め予定?日本語合ってる?(・ω・`)

執事:中野さん(2回目)
フットマン:出雲さん(3回目)
ドア:伽地さん→綾川さん
ヨシノ・グレー(初):キャンディ
ワイルドストロベリー(初):キームン

充実ポイント?
まず、やっとパンプキンパーティーにありつけたこと(´∀`)
南瓜のスープは好物なのですが、妙な具が入ってたりしないものでなくてはなりません。
あと南瓜濃度が薄いのもいけません。(`・ω・)
それらの点はクリアしてて、おいしかった(´∀`)
でも気持ち塩っ気が足らなかったかな?
ロールケーキは南瓜のスポンジの中に南瓜ペーストと生クリームと餡子が入ってまして。
南瓜のペーストも好物なのです。んまい。

サラダが酸味の強いドレッシングだったのと、スコーンの南瓜味があっさりめだったのは意外でした。

充実ポイント?
今日のキームンは久々に好きなキームンの味がした(´∀`)
初回帰宅の時飲んで、旨すぎでビックリした、あの味ほどではありませんでしたが、あれに近い味がしました。

充実ポイント?
カップはお任せで選んで貰ったんですが、それが可愛くて(´∀`)
ヨシノグレーは写真でも気になってて、でもわざわざ指定せず、偶然出会うのを待ってたカップなのです。
やっとキタ――(゜∀゜)―――!!という感じで、しょっぱなテンションだだ上がり。
実物は思ってたよりずっと可愛くて綺麗で好みのカップで、大変眼福でした。
あのカップが傍らにあるだけで楽しかった(´∀`)
勿論ワイルドストロベリーも可愛いかったけど(・∀・)

他にもそういうカップがいくつかあります。
いつ会えるかな(´∀`)

充実ポイント?
ワタス的和みフットマンが多くいらっしゃって(´ー`)
担当して下さった出雲さんは勿論、今のところワタスのキング・オブ・和みフットマン、茂実さんの姿も久々に見れた(´∀`)
遠目に様子を見るだけでやたら和む(´∀`)
左右五本の指をそれぞれ合わせて胸元で菱形を作ってるのを見た位ですが。

和むと言えば村崎さんも。
軽くですが料理の説明をして下さいました。村崎さんは喋り方から癒しです。

あと春日さんと思われる方にも初めてお逢いしました。
これまた想像とは違う雰囲気の方で、すっごく感じのよい方(´∀`)
出来ればいつか担当して頂きたい。

最初に伽地さんの顔を見れたのも良かったし。
やっぱし一度でもお世話して頂くと、勝手に親近感が湧いて安心します。

上機嫌で美味しいお茶を飲んで、身体の芯までほかほかになって出発いたしました。

:そういやこないだ名前を登録したはずが、まだ登録されていなかったらしく、再度名乗り直しました。名乗ると自動的にちょいと呼んでいただける。
やはりこっぱずかしい思いをいたしました(つ∀`)

【羊】酔いを冷ます必要があるざます

ダジャレです(・ω・)

…昨日に引き続きノコたんと。
本当は今日か昨日、どちらかキャンセルしようと思ってたけど、食べたいものが沢山なので、あまり上京できないノコたんのために連チャンすることに。

…ん?連チャンのチャンってなに?(・ω・)

Aドア 麻生さん(2回目)
世良さん(2回目)
ミントン スプリングバレー(初・ミントン指定)

麻生さんの顔を久しぶりに見ました(´∀`)
色んな経験をされてきたって感じのするかっこいい爺やさんです。

世良さんの笑顔は感じがいい(´∀`)
色々懐こくお話して頂けました。
癖のないお酒なら、比較的度数が強いものも平気だそうな。

出して頂いたスプリングバレーが、とってもメルヘンチック(?)で乙女なカップでした。
可愛いくって和んだわぁ(´∀`)ミントン可愛い。

デュオニューソスを頂きました。
昨日ノコたんが食べてたんですが、全てが、明らかに今日の方が旨かったような(・ω・)?
コーンのアイスは冷製のコーンスープを思わせる味。文句なく旨い(・∀・)
グラッセのヤングコーンもアスパラも美味しい。(ワタスは人参の甘いのも大丈夫な人なので)
コシヒカリのムースも、昨日よりモチモチしてて旨かった。
カリフラワーはやっぱし微妙でしたが、昨日に比べるとやはり旨かった。
あれ、もう少し塩っ気があるといい気がする。

あと魔王リベンジ。
やっぱし美味しい(´∀`)
しかし全部食べたら、アルコールでかなり熱くなってしまいました。

色々美味しかった(´∀`)

【羊】まだ食べてます(・ω・;)

ノコたんと帰宅。
本日もパンプキンパーティーは売り切れ(つω-`)

Bドア 司馬さん(3回目)
新海さん(初)
NIKKO グランヴィル

あっ!!この人が新海さんか(・д・)
何度かお姿は拝見したことのある方でした。
やっぱし名前から想像するのと違う人が出てきた(・ω・)

新海さんは落ち着いたトーンでリラックスして喋っていらして、適度にコミュニケーションをとって下さる方という印象。
比較的和風な顔立ちでらっしゃいますが、笑顔の感じがよく、笑うと印象が変わられます(´∀`)
あと手が身長の割に大きくてらっしゃった。

初めてお逢いしましたが、何となく『調子悪いのかな?』という感じで、何だか色んなことを忘れてらっしゃいました。
料理やスプーンなど。
『あと何分位です』という話もなかったので油断してて、初めて食べきらないうちにお迎えが来てしまった(つω-`)

ノコたんがお野菜スイーツセットを食べてましたが、旨かった(・∀・)
しかしカリフラワーのパンナコッタは好みが分かれそうです。
嫌いとまでは行きませんでしたが、ワタスはちょっと半分かもされたカリフラワーの味みたいに感じてしまった(つω-`)

他には魔王アイスを頂きました。
これまた旨い(・∀・)!!
お米アイスと焼酎が合ってました。
タイムリミットで食べきれなくて残念。

魔王アイスはリベンジしたいなぁ(・ω・`)

【映画】雨に唄えば 他

先週のレンタル半額で借りた映画がまだまだあります。

===雨に唄えば===
今更見てみました。
これは絶対DVDが欲しい(`・ω・)愉快でカッコよくてとってもとっても楽しい映画です。
なんで父上はこれのビデオをもってなかったのかしら・・。子供のころ見たら大好きになってたのに。
サイレント映画からトーキー映画に移る時代のハリウッドの舞台裏を描いたコメディあふれるミュージカル。
ストーリーもよいコメディだし、ダンスがとにかくカッコイイ!
主人公のドンを演じるジーン・ケリーはもちろん、ヒロインのキャシー、親友のコズモ、みんな魅力的かつ唄えて踊れる。
特に男性二人はあきれるほど上手い。
ジーン・ケリーはさすがの上手さで熟練されてますが、私はコズモの若さ溢れるダンスも好きでした。彼のソロのダンスはまったく古さを感じません。
そしてコズモはかわいい(;´Д`)ねずチューみたいな顔してる。
古いミュージカルをもっと見よう(・ω・`)

===サンキュー・スモーキング===
「かわいいアゴの人」こと、アーロン・エッカート主演の作品。
彼はタバコ会社が出資するタバコ研究アカデミーのロビイストで、口先が達者な広告塔的存在。
大変口がうまいのですが、リベートに強い人特有のまくし立てる感じは少なく、あのかわいい笑顔で、反論がしにくいことを言う感じ。
内容的には、彼の口先の才能を魅せることと同じくらい、彼の人間性、家族関係を描くことにも重点がおかれています。
嫌煙家からの追求に屁理屈をこねる彼に最初から好感を持つ人は少ないでしょうが、見てるうちに彼が悪人ではないことがわかってきます。
口先の才能も、大げさな天才のようには描かれていません。人並み外れた才能ではありますが。
とても愉快でよい作品。


『雨に唄えば』をはじめ、「見そこねていた名画シリーズ」を中心にまだ借りてあります(`・ω・)

【羊】名乗ります

本日は名乗らなきゃいけない日。
自分の下の名前が普段呼ばれなれてないので、色々考えたんですが、決まらなかったので面倒になり、普通に本名にしました(・ω・)

司馬さん(2回目)
伽地さん(初)
Bドア
プシュケ(3回目)→アンティコエデン(初)

プシュケ率高しです(・д・)
色味など好きなカップではありますが。
お任せだけでのコンプはかなり厳しい話のようです(つω-`)

伽地さんは上手に紅茶を淹れる方として名前は存じてまして(・∀・)
いい感じに懐かしい感じのするメガネの方。
どうだろう。若く見えましたが、落ち着いてらっしゃったので同世代かな?
とてもよく面倒見て頂けました(´∀`)
名乗ったばかりですので、早速名前を呼んでくださるのですが、これが思った以上のこっぱずかしさ(つω-`)
あれって『××お嬢様』と『××様』を選べるという話をどっかで見た気がするのですが、特に聞かれませんでした(・ω・)
別にいいんだけどさ。

マンゴー&リンゴ&ミントのジュレがスゲー旨かった(・∀・)
あとあと今月の季節のコンフィチュールが旨し。
食数限定のパンプキンパーティーは売り切れでした。連日早い時間になくなるようですね?

フットマンとしてもよい方でしたが、伽地さんには今度は是非紅茶を入れてらっしゃる日に出会ってみたいです(´∀`)

:ここんちの方々は名前から想像してたのと違う印象の人が出てくることが多いのが面白い。

【羊】名前判明

空席が大量でしたね。
仕事の都合で午後休できそうなほど暇だっため、お休み頂いて空席で一人帰宅してしまいました(´-ω-`)。

執事:伊織さん(2回目)
フットマン:橘さん(2回目)
NIKKO ピンパーネル

橘さんは初帰宅以来2回目。初回はテンパっていたため名前を覚えてなかったのですが、やっとお名前が判明いたしました(´∀`)

橘さんはカップの説明などをきちんとして下さる印象の方。手が空くとお嬢様方と軽く会話などされていて、偉いなぁと思いました。

『花柄で』という、殆どのカップが当てはまるだろう検索条件をインプットしてしまったのですが、未見のカップが出てきて嬉しかった(´∀`)
しかも可愛い(´∀`)
写真で見ると細かな小花模様がごちゃごちゃしてそうでしたが、実物は美しい。

ウバをミルクで飲んだのですが、真上から見ると、ソーサーの鮮やかなブルーグリーンと、カップの内側の真白と、金縁と、ミルクティー色の取り合わせが美しくて、できれば写真を撮りたかった(・ω・`)

まったり過ごせました(´∀`)

プロフィール

イトウ

Author:イトウ
中途半端にヲタ体質の人間。食い意地張ってます。
ヒクほど涙もろいです。
可愛げのある男子&女子が大好物。
割かしなんでもあるがまま受け入れます。悪気Nothing。
人見知り改善に日々四苦八苦。
ブログ用途迷走中。
お屋敷への帰宅覚え書き中心か?

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

■作業用(兼妨害用)■









★神演技★











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。