Armchair Theorist


曖昧な心積もりでなんとなくはじめる感想・独り言。

2018/031234567891011121314151617181920212223242526272829302018/05

   OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【舞台】オペラ座の怪人25周年記念公演

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた、オペラ座の怪人25周年記念公演が、映画館のスクリーンで上映しています。
『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン 公式サイト

ルンルンワクテカで観てきました(・∀・)
舞台版が見たい→英語で見たい→生か、せめて大スクリーン&音響で見たい
というワッシにおあつらえむき!!(´∀`)

さすが記念公演!!豪華!!

公演後の記念セレモニーでは、歴代ファントムと、オリジナルクリスティーン役のサラ・ブライトマンの「ザ・ファントム・オブ・ジ・オペラ」が聞けます。
クリスティーンはサラの為に書かれた役です。
サラ・ブライトマン存在感ヤバイ。可愛すぎるだろ(・ω・;)51歳…。
(異常にかわいいサラ・ブライトマン())

本当に客席で見てるような不思議な気分。拍手できないのが辛い(・ω・;)エア拍手。
同時に舞台のDVDを見てる感覚もあって、心の中で巻き戻しを求めてしまった。
特に過去のキャストのパフォーマンスのとこで。
まさにキタ―(゜∀゜)―!!って感じ。

もう一回みたい!!
DVDが発売するようですが、オペラ座は家で見ると魅力大幅減な作品。生オケが無理でも、せめて劇場の音響でないと。

迷ってる方は是非劇場で!!(´∀`)ノ!!
上映は延びて延びて12/2に終わったあと、10日~16日まで特別興行が決定しているようです。
(※劇場による)
ワッシももう一度観る~(´∀`)♪




=====以下、観る前に読むと障りがありそうな独り言======





本編のクリスティーンが、髪型といいメイクといい、某姉妹の姉のキョウコさんに見えて仕方なかった(´-ω-`)
いや、可愛いかったよ。笑うとケイト・ハドソンに似てた。

あとラルフは映画版秘密の部屋でケネス・ブラナーがやったギルデロイ先生に似てた(´-∀-`)
つまりケネスに似てる優しい男前なんだけど、ケネスっつーかロックハートに見えた(´-∀-`)


あー生で見たいなぁ(・ω・`)英語で。
別に日本人キャストが嫌なわけじゃないけど、やっぱり台詞回し節回しは、作られた言語で聞くのとでは響きが違いすぎる。特に歌。
スポンサーサイト

【舞台】Avenue Q

なにげに初めて入ったフォーラムC。椅子も床もウッディで講堂みたいで、今まで入った劇場のなかで一番好きだったかも(´∀`)
来年別の公演でまた入る予定だから楽しみ。

てことで観劇してきました。

--Avenue Q(アベニューQ)--

アンテナが高いほうではない、適当な観劇者なので、例によって他の舞台のチラシで知りました。
トニー賞を3つとってるそうな。
しかも最優秀ミュージカル作品賞、最優秀脚本賞(ミュージカル部門)、最優秀オリジナル楽曲賞という、それだけあれば充分ですけど(´ー`)的な3賞です。

あとは
・パペットが役者として出てくる(人間も出てくる)
・コメディ
位の知識でるんるんで向かい、ニヤニヤで帰ってまいりました。

もう千秋楽なのが残念。今週もやってれば、もう一回見たかも。
ダンスらしいダンスはありませんが、パペットは生き生きしており、皆さん素晴らしい声。当然凄い歌が巧い(´∀`)!!
舞台の人が舞台上で出す声は本当に気持ちがよいですね。

社会に出てから30代くらいまでの世代にはタイムリーに、それ以降の世代には既に経験したこととして充分共感できる悩みをテーマにしてますが、リアルな悩みを悩みのまま笑い飛ばすような作品。

国が変わっても悩みはみんな一緒ですね。悩みは各々突破するしかないけど、見ればちょっとだけ愉快になる。
そんなやんわりした励ましを心地よく感じました。素直じゃないからね(・∀・)

作品、脚本、そして楽曲も確かに素晴らしいし、パペットが人間として出演するのにもすぐ慣れました。
みんな可愛かったけど、バッド・アイディア・ベアーズが凄い笑った(´∀`)

あ、バッド・アイディア・ベアーズとは、頭の中の天使と悪魔…の悪魔だけ版の可愛いクマちゃんズです(´∀`)
お金がないのに「ビール飲もうよ!!美味しいよ!!」とか囁く例のヤツです(´∀`)

奴らの「ヤァーーイ!!」という声が頭を離れないw
Avenue Q -- The Bad Idea Bears on the Election ← 投票するなと言って回ってるw
しかし来日公演であの値段、クオリティ。安かった!!!!
==============
12/25(日) マチネ
国際フォーラムC
1階センター下手寄り15列

字幕公演でしたが、そこそこストレスなく見れました。
もう少し前、センター寄りのサイドブロでも良かったかも。

<ストーリー>
これは、大学を卒業したばかりの輝く目をした青年プリンストンの物語。彼は、残高が少ない銀行口座と大きな夢を胸に、ニューヨークへと引越します。彼が住めるのは安いアベニューQの界隈だけ。けど隣人はとてもいい人ばかりです。失業中の自称コメディアンのブライアンと彼の婚約者でセラピストのクリスマス・イヴ、気のいい怠け者のニッキーと彼のルームメイトのロッド(投資銀行に務める共和党員で、ゲイ疑惑あり)、インターネット中毒でポルノ中毒のトレッキー・モンスター、そしてとてもキュートな幼稚園の先生(のアシスタント)のケイト・モンスター。そして、アパートの管理人がゲイリー・コールマンだなんて...信じられます?(「アーノルド坊やは人気者」の元人気子役ですよ!)プリンストンは新しい友人らと職業、恋、そしてまだ見ぬ人生の「目的<PURPOSE>」を探し求めます。

YouTube - もしも君がゲイでも/紙一重しか無い/アベニューQのテーマ(来日記者会見)
主要キャストのケイト・モンスター・・・のパペット・アーティストの方(2曲目のブルネットの美女)が可愛かったなぁ。声も歌もすばらしかった。
あと1曲目のブロンド男性。いろんなパペットをやってたけど、いろんな声が出て面白いくらいだった。
よく喉を痛めないな(・ω・)

Avenue Q - If You Were Gay West End Live
字幕はないけど、舞台での感じはこちらのほうがよくわかる。

アベニューQ オフィシャル映像集

[舞台・日記]レ・ミゼとヨシカミ

今まで見たいと思いつつなかなか機会がなかったレ・ミゼラブル。
ノコたんの親戚が招待券をくれると(´∀`)ノ
タダ&飯つき(´∀`)ノ
ノコたん一族の女子6人にこっそり混ぜて頂き行ってきました。

ストーリー、演出、音楽など、勿論素晴らしいわけですが、なんつっても岡さんの日に当たったのが僥倖(´∀`)
やっぱり歌は素晴らしくお上手だし、曲も役もハマってらしてかっこよすぎます(´∀`*)
衣装も似合うし、しっぽ付きの髪型も似合う(´∀`*)
出てくると、きたわぁ(η'∀')という気持ちに。
舞台映えする顔や姿は、本当にミュージカル役者になるために生まれてらしたような方です(´∀`*)

朗々とした歌を聴いてたら、某操り人形の歌を聴きたくなった(・ω・)

お昼は招待券に付属のお弁当を頂き、晩飯は叔母さん達の奢りで浅草ヨシカミへ~(´∀`)
叔母さん達があれも食えこれも食えと頼んでくれた洋食を腹が破けそうな程頂きました(´∀`;)

食べたもの(勿論一口だけの物も含む):
コンビサラダ
ミックスサンド
カツサンド
カキフライ
カキグラタン
カニコロッケ
ビーフシチュー
ステーキ
オムライス
エビ焼き飯
赤ワイン


ご馳走様(・∀・)♪

【舞台】マイフェアレディ

なにげに初生真央さんです(・∀・)
マイフェアレディを見て参りました(´∀`*)

マチネで12時から。帝劇だったので、松坂屋ですき焼き弁当を買って…もとい買って貰って、劇場で頂きました。超うめー(´∀`)

ストーリーは問答無用で面白いラブコメであることは承知なので、落ち着いて楽しめました。
真央さんのオーラはやっぱし半端ない。可愛い(´∀`)

しかしやっぱし歌や発声の台詞は英語のほうが圧倒的にいいですよね(・ω・)
映画が見たくなりました。

マイフェアレディの映画は子供の頃から度々見てますが、今も昔もワタスは、ヒギンズ教授が大好き(・∀・)当然。
かーわいいよねーぇ(´∀`)

しかしマッタリ観劇してたら、帝劇って悪くない箱だなと不意に思いました。
例のビックリ舞台の印象が強すぎて、なんか苦手だったんだけど(・ω・`)

【舞台】リチャード三世

20090125002032
観てまいりました、リチャード三世。

結論。シェイクスピアは凄い(・д・)
そしてやはり難しい。
観る側ではなく、演じる側のスキルの話ですが。
演じる側が一定以上の技量がないとつまらなくなる(・ω・`)

今回は概ね楽しみました。
圧倒されるような怒涛の台詞に、鳥肌がたつこともしばしば。

特に女の人達は良かったなぁ(´∀`*)
銀粉蝶さん演じるマーガレットとか、女性陣のキャラクターの嘆きや呪いの言葉がかっこよかった。

安田成美さんがスッゴクキレイで眼福だった。

個人的には主役がカミカミだったのが残念(・ω・`)
古田さんにシェイクスピアは向かないのかしら?と思ってしまった。
それともお疲れだったのか。

あとは、リチャードの悪夢のシーン(絶望して~のとこ)の演出がちょい残念でした。
他のシーンでも見られましたが、あの台詞がかっこいくて好きなのに、わざわざ聞き取り難くしちゃった感じがして。
ああいった変わった演出も一興だけど。

:凄いしんどそうな舞台で、これをマチソワするのは、想像しただけで疲れます。
:こんなとき本当に、英語が出来ればなぁ('A`)と思います。
きっと原語で聴けたり読めたりすれば、もっと素晴らしいのではという気がする。

プロフィール

イトウ屋

Author:イトウ屋
中途半端にヲタ体質の人間。食い意地張ってます。
ヒクほど涙もろいです。
可愛げのある男子&女子が大好物。
割かしなんでもあるがまま受け入れます。悪気Nothing。
人見知り改善に日々四苦八苦。
ブログ用途迷走中。
お屋敷への帰宅覚え書き中心か?

関係ないつぶやき@armchairplan

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

■作業用(兼妨害用)■









★神演技★











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。